nina's 私らしく、親子ライフ
裏nina's / nina's blog / nina's[ニナーズ]

田中恵里菜

ミネトンカ×nina'sのコラボイベント、大阪・横浜で開催します!

みなさん、こんにちは!
春の訪れをすぐそこに感じる今日この頃、いかがお過ごしですか?

来週、再来週の週末の予定がまだ決まっていないという方は、ショッピングモールでのお買い物のついでにプロのカメラマンに親子写真を撮ってもらう、なんて休日の過ごし方はいかがでしょう?

●3月8日(日) 大阪・なんばパークス(10:00-16:00)
●3月15日(日) 横浜・みなとみらい(10:00-16:00)

以前もお知らせした人気のシューズブランド「ミネトンカ」とnina'sのファミリーフォトイベントが、上記日程で開催されます!
(ミネトンカ http://minnetonkashop.jp/

ミネトンカのかわいいシューズを履いて、親子・家族で撮影しませんか?

04  IMG_008705  IMG_0102




写真は、後日オリジナルの台紙に入れてプレゼントいたします。
ほか、豪華賞品をもらえるチャンスも!

応募の最終期限は明日2月28日なので、興味を持たれたら急いで詳細のチェックを!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
イベントの詳細・応募はこちらから

駆け込みのご応募も歓迎です! ご参加お待ちしています♡

nina's × Minnetonka(ミネトンカ)のファミリーフォトイベントを開催します!

つい先日年が明けたはずが、気付けば2月も中頃…。
そんなホラーを体験しているのは私だけでしょうか…?

そんな13日の金曜日(!)に紹介したいハッピーなイベントは、
来月開催される人気シューズブランド「Minnetonka(ミネトンカ)」×nina'sの親子(家族)撮影会!
IMG_0008

nina's 3月号にも掲載しているのですが、
大阪と横浜の2都市で、プロのカメラマンによるファミリーフォトイベントを開催します

・2015年3月8日(日)  大阪・ミネトンカなんばパークス店
・2015年3月15日(日) 横浜・ミネトンカ横浜みなとみらい店

応募はミネトンカなんばパークス店、ミネトンカ横浜みなとみらい店、もしくはMinnetonka Japanのフェイスブック(http://bit.ly/1y0vFBX)内の応募フォームから!
※応募資格・応募方法などの詳細は、nina's 3月号P58か、ミネトンカFBで ご確認ください。

参加者全員に、オリジナルの台紙に入った写真がプレゼントされるほか、
nina'sとミネトンカによる選抜、FBでの投票によって、何組かのご家族には豪華賞品も!

普段からミネトンカを愛用しているオシャレママ&キッズも、これからミネトンカデビューしたいと思っていた方も、思い出作りをかねて、おでかけのついでに参加してみるのはいかがでしょうか?

たくさんのご応募、お待ちしています!

「ヒルトン沖縄北谷リゾート」レポート ~足を運びたい周辺観光スポット編~

先日は「ヒルトン沖縄北谷リゾート」の魅力をお伝えしたこちらのレポート。(ホテル紹介編はこちら
画像13 Pool-08


今回は、ホテルから足を延ばしたい、親子で沖縄をもっと楽しむための3つの観光スポットを紹介します!
 

1.美浜アメリカンビレッジ
画像2 IMG_1184

画像1 IMG_1185

ヒルトン沖縄北谷リゾートから徒歩5分ほどの距離にある「美浜アメリカンビレッジ」。

グルメやショッピングのほか、ボウリングや映画、ライブまで楽しめる、複数のエリア・施設からなるリゾートタウンです。



沖縄の海や街並みを一望できる観覧車もあるので、旅の思い出に家族で乗ってみるのもいいのでは?

夜遅くまで開いているお店が多く、夕食後などにふらっと立ち寄れるのも魅力です。



●美浜アメリカンビレッジ

http://www.okinawa-americanvillage.com/

098-926-5678

営業時間は店舗により異なります。




2.琉球村

画像3 IMG_1241

画像4 IMG_1239


沖縄の伝統的な文化を体験できるテーマパーク。

有形文化財に登録された100200年前の琉球古民家が並ぶ施設内では、懐かしい昔ながらの沖縄の空気を感じることができます。



エイサーや獅子舞、古武術の演舞などの芸能を目の前で楽しめるパレード“道ジュネー”は、圧巻の迫力です!(雨天時は室内開催)

okIMG_4332
 

また、貸衣装での写真撮影ができるほか、親子で一緒に楽しめるワークショップ・体験ももりだくさん。(※別料金)



編集部・皆川&田中はシーサーの色付けに挑戦しました!

画像6 IMG_1243
数種類の絵の具を使い、自由に着色できます。

画像7 IMG_1468画像8 IMG_1469
 

ニナーズの魔よけ用(?)に作ったのですが、完成度はさておき、気づけば予想以上に作業に夢中になっていました。

キッズよりもママ&パパの方が熱中していた、なんてこともあるかもしれません。



ほかにも、三線教室やサーターアンダギー作り、サトウキビ収穫+黒砂糖作り、琉球ガラスアクセサリー作りなどなど、全39種類もワークショップがあるそうなので、1日中楽しめそうです。



●琉球村

http://www.ryukyumura.co.jp/

904-0416沖縄県国頭郡恩納村字山田1130

098-965-1234

入場料金:大人(16歳以上)1200円、小人(615歳)600円、6才未満無料

営業時間:8時半~17時半 ※最終受付17時(サマータイムは9時~18時 ※最終受付17時半)





3.さんご畑

画像9 IMG_1244

画像10 IMG_1246

画像11 IMG_1248

映画『てぃだかんかん』の舞台にもなった、人口のサンゴ礁でサンゴの養殖を行っている施設。

複数の池やプールがあり、成長中のサンゴや海の生き物を間近で観察できます。

普段なかなか見られない“海の中”の様子を知ることは、子どもたちにとって良い“課題授業”になりそうです。



ヒトデなど一部の生きものは触ることも◎。

画像12 IMG_1254

●さんご畑

http://www.sangobatake.jp/

904-0323 沖縄県中頭郡読谷村高志保915

098-982-9988

入場料金:大人900円、学生600円、中学生以下無料(※ただし5名につき保護者1名の同伴が必要となり、入場料金900円が発生します)

営業時間:101811月~2月は9時~17時)





そのほか、宮城海岸やアラハビーチなどホテル周りの海では、ダイビングやサーフィンなどのマリンスポーツを楽しむことが可能です。

ヒルトン沖縄北谷リゾートの宿泊客であれば、周辺の案内をしつつホテルからアラハビーチまで送ってもらえるサービスもあり!



砂浜を散歩しながら、海に沈む夕日を眺めるのもロマンチックでいいかもしれません。


これからの季節、一足早いお花見(12月)や、ザトウクジラウォッチング(13月)などのイベントも楽しむこともできるという沖縄。

画像13 IMG_1176
 

各地へのアクセスも便利な北谷を宿泊場所に選んでみるのはいかがでしょうか?


 


 


 



 


 


 


 


 



 



 


 


 


 


家族でゆったり沖縄ステイはいかが? 「ヒルトン沖縄北谷リゾート」レポート


さむーい日が続いている今日この頃、「暖かい場所で家族とゆったり過ごしたいな」なんて考えている方も多いのでは?



そんな方におすすめしたいのが、昨年7月にオープンしたばかりの「ヒルトン沖縄北谷リゾート」。

ママにもキッズにもうれしいポイントをチェックしてきました!



画像1


那覇空港から車で約45分、沖縄本島中部に位置するこちら。

隣接する海ではダイビングや夕日をじっくり堪能できます。

周辺には美浜タウンリゾートやアメリカンビレッジがあるほか、美ら海水族館など人気の観光地へのアクセスも◎。



もちろん、言わずと知れた「ヒルトン・ワールドワイド」の日本11番目となるホテルなので、最高級のおもてなし&宿泊体験も約束されているんです!




沖縄の温かな空気を感じるロビー

エントランスから入るとすぐ目に入るのは、空と海がのぞく開放的な造りのロビー。

大きなガラス窓からは、海へと沈む美しい夕日を眺めることができます。

画像2 Lobby

県在住のアーティストの作品を積極的に取り入れているほか、このスペース自体も沖縄の海や風を意識して設計されたそう。



また、「沖縄らしさ」はスタッフさんが身を包む制服にも!

伝統芸能である“エイサー”の衣装をモチーフにした帽子や、

画像4 IMG_1145

琉球空手の道着をイメージした制服などは、ステイ中の気分をさらに高めてくれそうです。

画像5 IMG_1168



洗練されたラグジュアリーな客室でゆったり過ごすのも◎

客室は、スタンダード、エグゼクティブ、スイートの3種類。

・スタンダード

画像6 Standard Room Twin Bed


・エグゼグティブ

画像7 Executive Ocean View Room King Bed


・スイート

画像8 Deluxe Suite Room_01


スタンダードでもリッチな気分を満喫できるのはさすがヒルトンというところ。

ベッドを最大4台まで設置できる部屋のほか、2部屋をつなげて行き来できるコネクティングルームもあり、家族ではもちろん、おじいちゃんおばあちゃんを含めた大勢での宿泊にもよさそう!



沖縄の食材を満喫できるレストラン

館内には2つのレストランがあり、ブッフェと本格イタリアンを楽しむことができます。



・「オールデーダイニング」

画像9 Shinka - 3-3


和食、洋食、中華、そして沖縄料理などさまざまメニューが広い店内に並べられており、大人もわくわくしてしまいそう。

チョコレートフォンデュや、ヨーグルトアイスを目の前で作ってくれる、子どもが大興奮しそうなサービスもアリ。



・イタリアンレストラン「CORRENTE


画像10 CORRENTE Night

本格的なイタリアンが食べられるお店は少ないという沖縄。

CORRENTEでは、沖縄の食材を使った料理をムード溢れる店内で楽しむことができます。

親子で少しおしゃれをして、ホテルのレストランで舌鼓を打つのもいいかも!


バーテンダーがシェイカーで作ってくれるカクテルは種類も豊富。ノンアルコールでオーダーしたり、好みを伝えてオリジナルの一杯を作ってもらうことも可能です。



ホテルでも遊びたい! 体を動かしたい! という人に


画像13 Pool-08

屋内外にプールを備えているヒルトン沖縄北谷リゾート。

特に、410月までの間で利用できる屋外プールは、県内最大級なのだとか!

スライダーやジャグジーも楽しめます。



赤ちゃん~小さな子供用に水深10cmのプールや、

画像14 IMG_1157


子連れでの休憩にぴったりのかまくらも!

画像15 IMG_1154


さらにしっかりと体を動かしたい人向けに、ワークアウトできるジムもあり。


ヨガやストレッチング、シーサイドウォーキングの教室も随時開催されています。(別料金2000円)




日ごろの疲れを癒す、沖縄生まれのトリートメント

画像16 Spa

仕事や家事、育児でおつかれのママたちにおすすめしたいのが、館内のスパ「AMAMI SPA」で受けられる、
琉球王朝時代から伝えられる沖縄ならではの伝統的なトリートメント「琉球てぃんなでぃ」。



沖縄では身近な植物“月桃(げっとう)”から抽出した精油配合のトリートメントオイルを使い、思わず眠りに入ってしまうような柔らかなタッチで疲れを解きほぐしてもらえます。



この特別なメニューを施術できるセラピストは全国で20人と少ないそう。



20156月末日まで展開予定の、AMAMI SPAでのトリートメントと朝食がセットになった「気軽に贅沢。選べる!琉球スパトリートメント(30分)ステイプラン」には、3つのコースから選べる琉球スパトリートメント(30分)が含まれているそうなので、この機会にぜひご体験を!



食に、遊びに、癒しにと、宿泊しながらさまざまな面から沖縄をゆったりと楽しめるヒルトン沖縄北谷リゾート。ホテルステイを主な目的にしたリラックス&リフレッシュのための旅行も、たまには新鮮でいいのでは?



そんなホテルの周辺観光スポットは、レポート②でお届けします!



●ヒルトン沖縄北谷リゾート

http://hiltonchatan.jp/
904-0115 沖縄県中頭郡北谷町美浜40-1
098-901-1111

モデルのEMIさんが編集部に遊びにきてくれました!

こんばんは、nina's編集部の田中です!

『マタニティnina's』vol.3のキュートな表紙でもおなじみ、モデルのEMIさんが…
03[1]

出産後初めて、お子さんと一緒に編集部に遊びに来てくれました

写真


EMIさんは出産から間もないというのに、相変わらずのスレンダーさ!

そして、ベビーちゃんの愛らしさに編集部一同メロメロに…。
マタニティnina's撮影時にはおなかにいたのだと思うと、なんだか感慨深いです。

2人の笑顔&HAPPYオーラにとっても癒されました!

これからnina'sにEMIさん親子が登場してくれる機会も多いはず!
みなさんお楽しみに
カテゴリー別タイトル
検索title
記事検索
【ニナブロ】トップへ
nina's web
祥伝社のホームページ
Web Zipper
FYnet
ads by Glam

編集部メンバー紹介

原田直美 nina's編集長。旅と猫と美味しいものが好き。2011年2月に男児を出産し、海外旅行お休み期間更新中。早く家族で秘境に行きたいと夢想する日々です。

鈴木淳子 美味しいモノを食べながら、好きな人たちと騒ぐのが趣味です♪ みんなー絡んでーっ♪♪

皆川彩乃 若く見られがちですが、三十路です。"週2でライブ"がライフワーク。

田中恵里菜 2014年9月より新規加入。ごはんとラブコメが好き。殿堂入りイケメンは『ラ ブ・アゲイン』のライアン・ゴズリングです。

鈴木さあら おばあちゃんの聖地・巣鴨在住。スピリチュアル好き。今後の目標はサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路。

山本恵子 猫とパクチーとひもキュウをこよなく愛してます。おつまみ以外のレパートリー を増やすべく、料理修行中(腕を発揮する相手も募集中)。

清水寿明 広告部のnina's担当。趣味はキャンプとサッカー(内田篤人と同じ右サイドバック☆)。ちょっとうぬぼれていたら、気付けば三十路で未婚…

新井麻理子 nina'sに参加するフリー編集。いつもしゃべっているか、小躍りしている娘と息子の母。

吉田奈央 nina'sに参加するフリー編集。健康第一をモットーに五本指ソックスを収集中。hiphop、『君届』も大好きな雑食女子。

倉田明子 趣味は旅行と音楽。ベトナム留学経験あり。マイブームは日本代表の応援。コミック編集部に所属しつつ、nina's OGとしてニナブロ参加中。

川口里美 nina's前・編集長。双子の小学生ママ。趣味は息子とサッカー観戦。


ADSPACE