こんにちは。
先週7日にニナーズ最新号が発売されましたが、いかがでしたか?

さて、前回に引き続きニナーズ
11月号の漫画・絵日記募集にご応募いただいた中から、特にキュンとした漫画・絵日記をピックアップしてご紹介します。


今回ご紹介するのは
@443diaryさん


FullSizeR

443diary
さんは、昼間は息子さんを保育園にあずけ、お仕事しているワーキングママ。2才のおしゃべりな息子さんとの日々を綴っています。あいた時間をぬって絵日記を描いているそう。

「仕事のお昼休憩中や子どもが寝た後に描いています。休みの日はノートと筆記用具を持ち歩き、出先で子どもが昼寝したときにも描いたりします。保育園の話もちょくちょく書いたりしているのですが、これから保育園に子どもを預けようとしていたり、実際に保育園に預けて働いている友達からは、『励みになってる』『楽しみにしてる』と言ってもらえて嬉しい限りです。私自身いろんな人のブログやインスタをよく見ていて、参考にしたり勇気付けられたりすることがたくさんあったので、日々感じたことや息子の様子をありのままに描くことで、少しでも他のママさんの役にたったり、情報交換ができたりしたらいいなーと思って始めました」。

絵日記は旦那さんとのコミュニケーションツールにも。

「主人はマンガ好きなので、ちょくちょく原画ノートを見せるのですが、こんなことがあったんだよー!と話すよりも、絵日記を見せた方がちゃんと読んでくれてる気がします(苦笑)」。

そんな旦那さんと息子さんとのほっこりした1コマ。ビビリな息子さんは節分で鬼の存在と怖さを知り、しばらく困ったときには鬼頼み!な日々が続いたそう。

FullSizeR

「このときは本当に毎日『鬼』の存在を乱用しまくっていました。夫の小芝居がおかしくて、笑いを堪えるのに必死な毎日でした。『うちも同じです!』というコメントをたくさんいただいて、我が家だけではないんだな、と笑っちゃいました」

成長するにしたがいボキャブラリーも増え、子どもならではのことばは「#あきと語録」にまとめられています。

「息子がしゃべりだしてからは毎日がネタの宝庫で見つけなくてもどんどんネタがでてきます(笑)。あと、書きたい!と思ったことは忘れないようすぐにスマホにメモ。絵日記は写真じゃおさまりきらない部分をまとめた大事な成長記録です」