こんにちは、編集部・田中です。 

先日取材のため、初めてのハワイへ行ったのですが、すっかりその虜になってしまいました!

IMG_0054

気持ちのいい気候にきれいな海、健康的なロコたち、ヴィーガンフードなどヘルシーな食事が身近にある環境…。


今回は3泊と短い滞在でしたが、その間に心身ともに健康的になっていくような(もはやデトックスという言葉では足らず、憑き物落としが済んだような)気さえしました。


 

赤ちゃんの初めての旅行先や海デビューにオアフ島を選ぶ方が多い、というお話を以前からよく聞いていたのですが、美しい自然と利便性を両立した場所だけにそれも納得。
 

実際、街でもビーチサイドでも、よく赤ちゃん連れの家族を見かけました。(早朝にベビーカーを押しながらランニングをしている夫婦も!)

 

ninasのインスタグラムでもおすすめスポット紹介などをバラバラとアップしておりましたが、ブログではもう少し詳しく、滞在中のアレコレを綴らせていただけたらと思います。


 

まずは、おすすめの宿泊先&ステイの形をご紹介!

今回利用したのは、ヒルトン・グランド・バケーションズの“タイムシェア”リゾート「ホクラニ・ワイキキ」。

IMG_0047

IMG_0065

2ブロック先がワイキキビーチ、Tギャラリア ハワイby DFSなどお買い物スポットまでも徒歩5分程度という便利な立地にあります。

 

ビーチが近いので、気軽にマリンスポーツやビーチサイドのお散歩を楽しんだり、毎週金曜にビーチで打ち上げられる花火を間近に眺めたり、ということも可能。

 

ちなみに私も花火を見に行こうと意気込んでいたのですが、ビーチ目の前の通りで押しボタン式の信号に延々と足止めされ(誰もボタンを押していなかった…)、悔しくもぎりぎりアウトで遠巻きから花火を眺めることに…。


押しボタン式信号には皆さんお気をつけて…。

IMG_0072

屋上にはビーチやワイキキの街並みを見下ろせるジャグジー付きミニプールやバー併設のラウンジがあったりと、こちらのタイムシェア・リゾートで過ごす時間もジェームズ・ボンド並みにラグジュアリーに楽しめます。

IMG_0013
IMG_0016
IMG_0014

ちなみに、ヒルトン・グランド・バケーションズが提案している“タイムシェア”とは、高級コンドミニアムスタイルのお部屋のバケーション・オーナーシップ(所有権)を、1年のうち1週間を一口単位として所有できるシステムのこと。


オアフ島には、今回宿泊した「ホクラニ・ワイキキ」のほか、「グランド・ワイキキアン」、「カリア・スイーツ」、「ラグーンタワー」の4つのタイムシェア・リゾートが存在しています。

 

わたくし、初めてタイムシェア・リゾートに宿泊したのですが、まず感じた通常のホテルとの違いは、IHコンロやオーブン、電子レンジ、食洗機などが完備されたキッチンが付いていて便利ということでした。

IMG_0067

ベビーを連れた旅行でもキッチンがあると、赤ちゃん用のミルクを作ったり、離乳食の調理やご飯をチンしたりと、海外ではなかなか大変な作業も自室で簡単に完結できて安心ですよね。

 

ほかにも地元の食材を使って料理をしてみたり、滞在中の楽しみ方も広がりそうです。


やはり使い勝手のよいキッチンがあると、(普段料理をしない私でも)腕をふるってみたくなるもの。


せっかくなので、散歩がてらホクラニ・ワイキキから徒歩15分程度のところにあるスーパー「フード・パントリー」でパンや卵といった食材を買って、朝食を作ってみました。
IMG_0204


腕をふるった結果、料理スキルが低すぎてすてきな絵面にならずすみません…。


とはいえ、ホットドッグにスクランブルエッグとベーコン、冷凍食品のフレンチトースト、パパイヤとウルトラ簡単メニューですが、地元で食材を調達して自室で朝ごはん作りというこの時間が、思っていたより楽しく、より地元に密着したステイができたような充実感を覚えました。

 

今回はスーパーを利用しましたが、ファーマーズマーケットもあちこちで開催されているので、そこで食材を調達するのも楽しそうです。


 

打って変わって、滞在中にハワイ在住のライフスタイルコーディネーターのhitomi yamamotoさんが別のタイムシェア・リゾートの「グランド・ワイキキアン」の一室で用意してくれたパーティーフードは、思わずテンションが上がるキュートなビジュアル!

IMG_0115
IMG_0120

なるほど上級者はこんな料理も…と思ったら、なんとこちらケーキ以外はすべてコストコやスーパーで買い付けたできあいや冷凍食品なんだそう。キッチンがあると、こういう作業も手軽にできますもんね。


それにしても盛り付けなおすだけで、こんなに立派に見えるなんて!

 

使用した容器やお部屋のデコレーションも、ターゲットやパーティーシティーなど現地のショップでゲットできるもの。

IMG_0103
IMG_0137
IMG_0140

 

お水も、ターゲットで購入したという容器にフルーツ&氷と一緒に入れるだけで、見違えるほどの見た目とおいしさに。勉強になります!

IMG_0138

滞在中に、こんなふうに結婚記念日やお子さんのバースデーなどアニバーサリーをお祝いするのもすてきですよね。

お祝いする側・される側どちらにとっても、ハワイ滞在中ということもあって特別な思い出になりそうです。


 

こうした現地に住んでいるかのような楽しみ方ができるタイムシェア。
新しいタワー「ザ・グランド・アイランダー・バイ・ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ」が2017年前半にヒルトン・ハワイアン・ビレッジ内にオープンするそうで、モデルルームを見せてもらいました!

gurand

 

37階建て・418ユニット(予定)で、お部屋からは太平洋、ホノルル市街、オアフ島の山並みが臨めるよう。

 

リビングや寝室、キッチンなどはアイランド調のインテリアでそろえられていて、リッチな気分も味わえつつ居心地も◎。
living
 

 

これだけ広いと、子連れステイでもゆったりと使えそう!

 

ちなみに価格帯は、1LDK55.7㎡~)$29,800~/2LDK84.7㎡~)$43,600~/ペントハウス<2LDK3LDK>(111.7㎡~)$76,800とのこと。

 

毎年付与されるポイントを活用すれば、ホームリゾートとして所有するリゾート以外にもハワイ島やラスベガス、メキシコ、ポルトガル、スコットランドなどの直営・系列リゾートを利用できるほか、国内では北海道から沖縄までの提携施設の利用も可能だそうです。


 

日本人は有給を上手く使えない、という話はよく聞くものですが、毎年1週間リゾートを「所有」できるのであれば、積極的に“有給を取ってトラベルを”という習慣もそこから生まれそうですよね。


ちなみに、購入した物件は不動産登録され、相続も可能なので、将来的にお子さんや未来のお孫さんに所有権を引き渡すこともできるよう。

 

体験宿泊もあるようなので、タイムシェアというトリップ・滞在の仕方を人生に取り入れるのを検討されてみてはいかがでしょう?

 

ハワイ滞在記、ママ&キッズにおすすめの周辺スポットを紹介する後編もお楽しみに!


タイムシェアについてのお問い合わせはこちらから>>

ヒルトン・グランド・バケーションズ 

TEL:0120-805- 817(日本国内)

http://hgvc.co.jp

 

◎「リゾート旅行を当てよう!キャンペーン」も実施中!

http://www.hiltongrandvacations.com/sweepstakes/super-dream- vacations-2016/index.html